光脱毛の4つの副作用について

光脱毛の4つの副作用は、

火傷
一番心配な反作用。光脱毛で使用する光は割合パワーのごく僅かなものですが、見当違いをして出力を上げたり、1か所に集中して放光すると火傷になります。
気をつけないといけないのは、鋭敏肌やドライ肌、体のメラニンなどの色素が沈着しやすい箇所への放光です

肌が赤らむ
光脱毛で引き起こされる反作用の二つ目は肌が腫れ上がって赤らむことで、誘因は火傷のパーツが炎症を惹起して赤らむ場合と同様です。
夏に日焼け止めを塗布しないままでいると、日差しの強さのために肌の表面が熱くなり、赤くピリピリした状態になります。
つまり、これと類似したことが起こるのです。また、光脱毛のオペ後に肌が赤らむトラブルは、火傷よりも多いそうです。

硬毛化・多毛化
これは、火傷や肌の赤らみと引き比べて、すこぶる非凡な場合です。 その一方で、脱毛したにも関わらず毛が濃く&多くなっては主客転倒です。硬毛化や多毛化についての誘因は釈明されていませんが、僅かな出力による光で毛根の周辺組織が 撲滅されずに、逆に、活気付けられてしまうことが相関しているらしいです。

汗をかきやすくなる
脱毛の行為によって、汗の分泌量が増加した人は沢山います。
これは脱毛によってエクリンせんを刺戟し、汗の分泌を促すせいだといわれています。
ただし、この多量の流汗は暫定的なことのケースが多いので、常に多汗の状況が継続する時は、別の誘因が考えられます。
光脱毛の4つの副作用について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です